相続開始後の申告手続きスケジュール

 

相続は、親族の突然の死亡から開始します。この時期は、葬儀やその他の行事が立て込むことから、相続開始から相続税の申告期限までの期間は、精神的にも物理的にも意外に短く感じるものです。

 

そのため、相続税の申告手続きは、できるだけ早めに、相続人全員の協力のもとに円滑に進めていきたいものです。

 

ここでは、被相続人が亡くなったときの葬儀や相続税の申告、納付について、項目をあげて順番に説明していきます。

 

 被相続人の死亡(相続の開始)
関係者への連絡、葬儀の準備
 ↓
通夜を執り行う
 ↓
死亡届の提出 : 死亡届は7日以内に死亡診断書を添付して市区町村長に提出
 ↓
葬儀
 ↓
葬式費用の領収書等の整理・保管
 ↓
初七日法要 : かたみ分けなどを行う
 ↓
遺言書の有無の確認 : 遺言書があれば家庭裁判所で検認を受けた後、開封
 ↓
香典返し : 三十五日忌又は四十九日忌法要のころに行う(ただし葬式費用には含まれません)

 ↓
四十九日忌法要 : このころまでに納骨などを行う
 ↓
遺産や債務の概要の把握 : 相続の放棄をするかどうか決める
 ↓
相続の放棄又は限定承認 : 家庭裁判所に申述 【被相続人が死亡して3ヶ月以内】
 ↓
相続人の確認 : 被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取り寄せる
 ↓
所得税の申告と納付 : 被相続人の死亡した日までの所得を税務署に申告(準確定申告)
【被相続人が死亡して4ヶ月以内】
 ↓
遺産や債務の調査
 ↓
遺産の評価・鑑定 : 評価の仕方がわからないときは専門家に相談
 ↓

遺産分割協議書の作成 : 相続人全員の実印と印鑑証明書が必要
 ↓
相続税の申告書の作成 : 納税資金の準備、延納または物納にするか検討
 ↓
相続税の申告と納付 : 被相続人の死亡した時の住所地の税務署に申告、納税
(延納、物納の申請も同時です) 【被相続人が死亡して10ヶ月以内】
 ↓
遺産の名義変更手続き
 ↓
不動産の相続登記や預貯金、有価証券の名義書換え

 

 

相続は、人が実際に死亡した瞬間に開始されます。相続人がこれを知っていたかどうかは問わず、適切な手順に従って申告までのスケジュールを管理しなければなりません。特に被相続人が死亡してから、期限が決められている申告などはとても重要です。

 

また、相続が開始されてから申告までは、相続税法上、とても重要な決め事が多数あります。そのため、被相続人が亡くなってから、しなければならないことを順番に整理し、迅速に進めなければなりません。


サイトマップ
HOME 1分で学ぶ相続 業務内容 よくある質問 お問い合わせ